診療時間
9:00〜12:30
15:00〜18:30
土曜は9時〜14時まで

086-277-0005電話番号のお掛け間違いにご注意ください

お問い合わせ
院長紹介

診療時間

診療時間
9:00〜12:30
15:00〜18:30
土曜は9時〜14時まで
休診日 木曜午後、日曜、祝日

お問い合わせ

電話からお問い合わせ
086-277-0005

フォームからお問い合わせ
てらだ内科クリニック 院長 寺田 亮 院長寺田 亮

当院は平成20年7月に開業いたしました。地域のかかりつけ医としてプライマリケアに傾注し、専門分野のみならず、糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病の指導や管理も行っております。内科全般に渡って幅広い診療を行い、必要なときは近隣医療機関と速やかに連携をとることで、個々の患者様が最善の医療を受けられるように努めたいと思っています。また、入院ではなく自宅で療養したい、癌の終末期でも自宅で過ごしたいといった患者さまのニーズにも応えられるように訪問診療にも対応します。

私は開業前は岡山大学消化器・肝臓内科学教室に所属しながら、複数の病院で内科学全般に渡る臨床研修を行ってまいりました。また、岡山大学病院では肝臓・消化器内科専門医として難治性疾患の治療や診断困難な症例の診断に携わってまいりました。さらに肝臓病学の研究にも従事することができ、ご指導いただいた諸先輩方、一緒に仕事をしてくれた同僚の先生方に深く御礼を申し上げます。

まだまだ未熟者ではございますが、誠実で温かい医療サービスを心がけ、健康に関する様々な不安に対しての相談相手となる事で、地域の皆様のお役に立ちたいと考えております。どうぞ遠慮なくご相談ください。

院長プロフィール

経歴

  • 1994年 岡山大学医学部第一内科入局
  • 1994年 姫路赤十字病院
  • 1996年 水島中央病院
  • 1998年 日生町立日生病院
    (現 備前市立日生病院)
  • 1999年 岡山大学医学部第一内科
  • 2004年 岡山済生会総合病院
  • 2005年 岡山大学医学部第一内科

資格

  • 医学博士
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本肝臓病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

趣味・特技

  • 卓球、居酒屋めぐり

専門分野での診療と研究について

肝臓内科専門医として、岡山大学消化器・肝臓内科で研究してきたことは「自己免疫性肝疾患(原発性胆汁性胆管炎や自己免疫性肝炎など)の予後」と「腹腔鏡による各種肝疾患の組織診断」などです。

自己免疫性肝疾患という病気は比較的まれな疾患のグループで、原発性胆汁性胆管炎、自己免疫性肝炎、原発性硬化性胆管炎といった病気が含まれます。これらの疾患は腹腔鏡検査を行うことで、診断を確実にし、病気の進展度なども正確に評価することができます。

少し専門的になってしまいますが、博士論文は慢性肝疾患の胆管上皮細胞にSDF-1というケモカインが発現していることを証明しました。この研究過程で、肝臓の細胞を顕微鏡で見て、胆管の上皮細胞だけをレーザーで切り取り、上皮細胞からRNAを抽出する手技(Laser Capture Microdissection)があります。この手技を学ぶために、アメリカのサンタフェに2週間程滞在して、世界中の研究者に囲まれて実験をしたのですが、思うように英語が話せずに苦労をしたのも今では良い思い出です。

2005年シカゴでの学会にて、当時の白鳥教授と

執筆論文

筆頭執筆者のもの

  • Occult hepatocellular carcinoma with high fucosylated alphafetoprotein. Terada R, Yamamoto K, Sakaguchi K, et al. J Gastroenterol Hepatol 16: 1310-1, 2001
  • Stromal cell-derived factor-1 from biliary epithelial cells recruits CXCR4-positive cells: implications for inflammatory liver diseases. Terada R, Yamamato K, Hakoda T, et al. Lab Invest 8: 665-72, 2003
  • Adult-onset typeII citrullinemia associated with idiopathic hypertriglyceridemia as a preceding feature. Terada R, Yamamoto K, Kobayashi K, et al. J Gastroenterol Hepatol 21: 1634-5, 2006
  • 肝機能障害の改善にウルソの服用は効果があるのか? 寺田 亮, 小橋春彦, 白鳥康史. 治療 88: 1048-9, 2006
  • 胆管造影で硬化性胆管炎像を呈した症例の最終診断と予後. 寺田 亮, 河本博文, 坂口孝作. 消化器科 44(2): 191-6, 2007
  • 胆管造影像からの鑑別診断. 寺田 亮, 河本博文, 坂口孝作. 肝胆 膵 54(2): 239-44, 2007
  • 肝細胞癌:AFP-L3%. 寺田 亮, 藤岡真一, 小出典男. 総合臨床 52 (1): 86-90, 2003
  • A型肝炎の問題点. 寺田 亮, 白鳥康史. 肝疾患レビュー 2006-2007 : 23-26, 2006

共同執筆者のもの

  • Gene expression profiling in biliary epithelial cells of primary biliary cirrhosis using laser capture microdissection and cDNA microarray. Baba N, Kobashi H, Yamamoto K, Terada R, Suzuki T, Hakoda T, Okano N, Shimada N, Fujioka S, Iwasaki Y. Translational Research 148 (3): 103-13, 2006
  • A crucial role of hepatocyte nuclear factor-4 expression in the differentiation of human ductular hepatocytes. Hakoda T, Yamamoto K, Terada R, Okano N, Shimada N, Suzuki T, Mizuno, Shiratori Y. Laboratory investigation 83 (10): 1395, 2003
  • Enhanced expression of decay-accelerating factor, a complement-regulatory protein, in the specialized intestinal metaplasia of Barrett's esophagus. Hiraoka S, Mizuno M, Nasu J, Okazaki H, Makidono C, Okada H, Terada R, Yamamoto K, Fujita T, Shiratori Y. Journal of Laboratory and Clinical Medicine 143 (4): 201-6, 2004
  • A case of acute hepatitis E virus infection with clinical features indistinguishable from drug-induced liver injury. Iwamuro M, Kawaguchi M, Terada R, Osawa T, Yamamoto K, Itoshima T,Takahashi K. Acta Hepatologica Japonica 46 (8): 512-5, 2005
  • Eosinophilic cholangitis with initial clinical features indistinguishable from IgG4-related cholangitis. Iwamuro M, Yamamoto K, Kawamoto H, Terada R, Ogawa T, Nose S. Internal Medicine 48 (13): 1143-7, 2009
  • Mortality rate of patients with asymptomatic primary biliary cirrhosis diagnosed at age 55 years or older is similar to that of the general population. Kubota J, Ikeda F, Terada R, Kobashi H, Fujioka S, Okamoto R, Baba S, Morimoto Y, Ando M, Makino Y. Journal of gastroenterology 44 (9): 1000-6, 2009
  • A model for estimating cirrhosis in patients with type 1 autoimmune hepatitis. Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Nagano T, Kobashi H, Sakaguchi K, Shiratori Y. Hepatology research 38 (7): 658-63, 2008
  • Clinical features of Japanese type 1 autoimmune hepatitis patients with zone III necrosis. Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Onishi T, Okamoto R, Takaguchi K, Ikeda H, Makino Y, Kobashi H, Sakaguchi K. Hepatology research 37 (10): 801-5, 2007
  • Persistent normalization of serum alanine aminotransferase levels improves the prognosis of type 1 autoimmune hepatitis. Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Takagi S, Okamaoto R, Ikeda H, Sakai N, Makino Y, Kobashi H, Takaguchi K. Journal of hepatology 43 (6): 951-7, 2005
  • Systemic inflammatory response syndrome strongly affects the prognosis of patients with fulminant hepatitis B. Miyake Y, Iwasaki Y, Terada R, Takaguchi K, Sakaguchi K, Shiratori Y. Journal of gastroenterology 42 (6): 485-92, 2007
  • Hepatitis B virus DNA in liver tissue and risk for hepatocarcinogenesis in patients with hepatitis C virus-related chronic liver disease. Obika M, Shinji T, Fujioka S, Terada R, Ryuko H, Lwin A A, Shiraha H, Koide N. Intervirology 51 (1): 59-68, 2008
  • Clinicopathological features of acute-onset autoimmune hepatitis. Okano N, Yamamoto K, Sakaguchi K, Miyake Y, Shimada N, Hakoda T, Terada R, Baba S, Suzuki T, Tsuji T. Hepatology research 25 (3): 263-70, 2003
  • Lamivudine treatment in patients with HBV-related hepatocellular carcinoma-using an untreated, matched control cohort. Piao C, Fujioka S, Iwasaki Y, Fujio K, Kaneyoshi T, Yasuyuki A, Hashimoto K, Senoh T, Terada R, Nishida T. Acta Medica Okayama 59 (5): 217, 2005
  • HBcAg-specific CD8 T cells play an important role in virus suppression, and acute flare-up is associated with the expansion of activated memory T cells. Shimada N, Yamamoto K, Kuroda M J, Terada R, Hakoda T, Shimomura H, Hata H, Nakayama E, Shiratori Y. Journal of clinical immunology 23 (3): 223-32, 2003
  • A scoring system for primary biliary cirrhosis and its application for variant forms of autoimmune liver disease. Yamamoto K, Terada R, Okamoto R, Hiasa Y, Abe M, Onji M, Tsuji T. Journal of gastroenterology 38 (1): 52-9, 2003