まめ知識

-----

経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)

皆さんは鼻から挿入する胃カメラをご存じでしょうか?

胃癌は年間死亡者が5万311人(2005年)と肺癌に次いで日本人で2番目に多い癌です。早期発見が重要であることは言うまでもありませんが、「胃カメラを飲むのはつらい、怖い」と思っておられる方も多いのではないでしょうか?
ここ数年、患者様に優しい鼻から挿入する胃カメラが急速に広まっています。

細さは直径5.9mm

鼻からの内視鏡の直径は約5.9mm。標準的な鉛筆よりも細いくらいです。この細さにより鼻からの挿入が可能となりました。これだけ細くても技術の進歩により画像の質は高く、経口内視鏡と比較して早期胃癌の発見能力は劣りません。 経鼻内視鏡の写真

オエッとなりにくい!

風邪の時にノドの奥を見られてオエッとなった経験をもつ方は多いはずです。あれは舌の奥(舌根)に物があたったときに起こる咽頭反射と呼ばれる反応です。
口から胃カメラを入れると舌根にカメラがあたりやすいためにオエッとなります(下図1)。
しかし鼻から胃カメラを入れた場合には舌根にカメラがあたりにくいので、ほとんどオエッとなりません(下図2)

胃カメラ

検査中に医師と話ができる

口から胃カメラを入れているときは当然ながら話はできません。しかし経鼻内視鏡では検査中にも話ができます。胃カメラの最中に、検査画面を見ながら気になる部分について質問したり、気分が悪くなった場合に医師に伝えることもできます。そのために検査される患者様も検査する医師も余裕をもって検査ができます。

また原則として鼻と喉の麻酔のみで行いますので、検査が終わればそのまま車を運転して帰宅できます。

胃カメラ

では欠点はないの?

経鼻内視鏡では高度な治療を行うことはできません。最近は早期胃癌に対する内視鏡的な治療(内視鏡的粘膜下層切開・剥離術)が進歩していますが、こういった特殊な器具を用いる治療は口からの内視鏡でなければできません。当院では治療が必要な病変が見つかった場合には地域中核病院に紹介します。

診療時間

診療時間
9:00〜12:00
15:00〜18:30 × ×

※土曜は9:00〜14:00
休診日:日曜、祝日、木曜日午後

アクセス

外観

駐車場は16台分ございます。
曹源寺バス停下車、徒歩1分。

詳しく見る

お問い合わせ・ご相談は086-272-1234 お気軽にお電話ください。086-277-0005

インターフェロン治療費公費助成の指定医療機関

このページのTOPへ戻る